TOP画像

教科書には載っていない歴史の真実・・・個人メモ。

2018-11-20-Tue-17:36
まずはじめに。
「そんなの妄想だろう」と言われれば、議論する気力も湧きませんが、インターネットの世界に散らばるオカルトな情報を日々拝見してきて色々と思うところがありましたので集約してみました。

我々は宇宙という空間が一体何なのか、どうやって生まれたのかもよく分かっていない時代に縁あって生かされている訳でして、一個人や無名の学者が突拍子もない仮説を出したりすると、懐疑的な方々は「滑稽だ」と一蹴したり迫害するような場面も多々見受けられますが、過去の歴史を遡ると仮説が本当は定説だったと世に広まるまで、唱えた人物が監禁されたり処刑されたりしており、差別されておりました。

現代では監禁や処刑は無くなったにしても、変人扱いは根強く残っており、特に同調圧力が強い日本ではネタ前提でしか相手にされないのが現実です。
いつの時代も多くの傍観者は否定する言葉を投げたり、当事者を潰す事に一生懸命で自分では特に何もしません
しかし、進化というものは突然変異とまでは言わずとも誰も考えないような奇抜な発想や変化の積み重ねで構築されてゆくのだと思いますし、逆に言えば「そんなのあるわけがない」 「常識で考えて無理に決まっている」 と一蹴して踵を返す人間ばかりになると進化は停滞してしまいます。 
「面白い仮説じゃないか?」とその仮説を裏付ける材料を1つでも多く探し出すような好奇心に溢れた人類が増えて欲しいと切に願います。



【メモ①】 人類が想像した事は今後の進化を前提とすれば100%実現可能である。
【メモ②】 宇宙は1つの生物の体内、もしくは何者かに創造された仮想現実である。
⇒(宇宙の縮図と人類の脳のニューロン形体が酷似。 幽霊はプログラムエラー?)
【メモ③】 未確認飛行物体は乗り物、無人機、形態変化生物の3種類が存在する?


【宇宙全般や人類史における疑問点】

①現在の文明が栄える以前(地層に残らない時代)に何度か文明が栄えて、
 一部の生命体が宇宙に進出している可能性がある。 または古代に何度か
 外惑星からの訪問者があった。

⇒(宇宙に進出後、外惑星で数万年あまり進化して地球に再来している可能性
 =地球由来? 某氏のナスカ理論を拝見すると訪問者の痕跡が垣間見える

②昨今、宇宙空間や他の惑星・天体で不可解な現象や建造物が目撃されて
 いる事を考えると、人類史とは別の高度文明が現在進行系で同時に発展中。

⇒(進化論の綻びが露呈して人類のルーツが覆ってしまうと、宗教が崩壊して
 世界が混乱に陥るので、「別の文明の管理者」は人類史が進化する速度を
 意図的に調整
している → 緩やかに進化するように高度な技術は与えない)

③知的生命体の進化の結末は全機械化である。
⇒(有限である事を考慮すると究極の進化は実体を持たない思念体か)

④UFO/未確認飛行物体タイムマシン説
⇒(誰もが1度は考えるかも知れない仮説、未来において何らかの原因で人類
 が滅んでしまう結末があり、過去に遡り致命的な原因を排除or監視
している。
 要するに我々が俗に宇宙人と呼ぶ生命体は我々の未来の姿そのものである)

⑤超高度文明が地球文明に干渉した場合、彼らは人類に対して無関心である。
⇒(あらゆる面で人類を凌駕している彼らからすれば、人類を対等な立場として
 認識せず、要するに人類にとってみれば蟻レベルの存在
であるのが主な理由。
 蟻を研究する研究者がいるように彼らも人類を誘拐して研究するのも妙に納得)

⑥超高度文明がわざわざ人類に対して対等な立場で干渉してきた場合。
⇒(地球資源や生物への興味で人類を一掃せずに共に共存する事を決めている
 友好的な思考の外惑星の生命体、もしくは人類のルーツである可能性=未来人
 現在の文明が比較的安泰なのは既に地球を捉えている外惑星の生命体が人類
 に対して攻撃的ではないor無関心or未来人であるという状況証拠
でもある)

⑦我々の次元と別な次元は同じ空間で密に重なっていて、何らかの宇宙的な歪み
 (重力?)が生じた際に極めて限定的な場所や時間に我々の次元に一部が投影。

⇒(俗に言う幽霊の原因もこれなのか?


【UFO/未確認飛行物体の疑問】

①超高度文明の産物であるなら、姿を消して飛行する技術など既に持ち合わせて
 いる筈であるのに何故、昼夜問わずに世界各地で目撃されてしまうのか。

⇒(実は地球由来の軍事兵器で姿を消す技術をまだ持ち合わせていない可能性。
 もしくは外惑星由来の技術提供を受けてはいるが、人類はまだ解明出来てない

②遠心力、慣性力、高速音(ソニックブーム)から一切影響を受けず、物理的法則を
 完全に無視した飛行。

⇒(遠心力と慣性力の部分は技術進化で克服出来たとしても、高速時に生じる音を
 無音にするのは並大抵の技術ではない
=目撃されるUFOは無音である事が多い)
 (20150215追記)冷静に考えてみれば音を打ち消す技術は現在でも一部実装されていた気もするが・・・。

③高温・高圧・放射能の影響も一切受けない。
⇒(地球の火山や海底に落下する姿や宇宙なら太陽付近でのエネルギーの回収や
 月、火星、木星に奇妙な建造物も目撃されており、これらに拠点がある可能性
 高度な文明にしか到達出来ないという点で人類に干渉されないメリットも生まれる。
 これらの技術を得る為には、文明を維持した上で数万年程度の進化は必要か?) 
HOME