TOP画像

写真加工技術に隠されたXデーへの伏線

2019-07-27-Sat-00:05
ここ数年、薄々感じてはいたけれど実際に口に出すまでは至らない事が1つだけある。

それは巷で親しまれ長年続いてきた俗に言う「プリクラ」や著しく進化を遂げたスマホの写真加工技術なのだが、近年多くの人々が撮影し、SNSにアップロードした人物写真に何か言い知れぬ不安違和感のようなものを感じた事はないだろうか?

目が異常に大きく、顎が極端に細くなるような定番加工だ。
それらの特徴はリトルグレイそのものなのである。

様々なバリエーション加工を施しながら楽しそうに撮影する友人同士やカップルは実に微笑ましい状況だが、写り込んだ見た目に全く違和感を感じる事もなく、むしろ自らが好んで風貌を選択している事に軽い戦慄を覚える

オカルト好きなら何度か目にしているであろう記事の1つに「そろそろ未知との遭遇が近い」というニュアンスのものがあるが、私は何らかの組織が来たるXデーに備えて恐怖心の克服と敵意の抑制を目的とし、今後必要になる新たな価値観次世代を担う若い世代を中心に(画像加工技術を)流布させるような流れを意図的に形成したのではないかと推測している。

具体的に言えばリトルグレイを目の当たりにしたその時に人類が恐怖や敵意を極力抑えられるように長年慣れ親しんだ加工写真の特徴と極めて差異が少ない彼らの真の姿をスムーズに受け入れられるような対策であり、遭遇以降に新たな価値観として人類へと根付く。

地球外知的生命の容姿は今のところ想像の域を出ないが、Xデーが相応の機関によって50年後、100年後に設定されていたとしても我々にとって必要不可欠なフェーズなのではないかと思う。

【失敗例】
グレイのイメージ拡散(Phase1)>突然遭遇(恐怖と敵意)>戦争or迫害>滅亡
【成功例】
グレイのイメージ拡散(Phase1)>人類に浸透させる(Phase2)>???>遭遇

上記の例から言えば現代はPhase2に移行している途中なのかも知れない。
何故段階的に行う必要があるのか、それはオカルトに無縁な多くの人々は滑稽だと一蹴してしまうため、Phase1の効果が一部の人間にしか浸透していないからである。
仮にPhase3以降が存在するとしても、我々がアッと驚くような極端なものにはならず、画像加工のように広く浅く徐々に浸透し、常識と成り得るような媒体になる事が予測される。

要するに「将来こんな存在が君たちの前に現れるから心の準備よろしく」という事だ。

パラレル人類史・・・説。

2019-07-11-Thu-00:27
2019071103.jpg
突っ込み所満載でも発想を大切にしたい。

五感や心で感じるものが「理」とは限らない

2019-07-07-Sun-00:12
どの分野でも未来に抱く夢や希望があるが、その1歩先を想像した事はあるだろうか。

例えば「透明になれる服」を例に挙げると、決して夢物語ではなく軍事やその他の分野で開発が進んでいるという記事や情報を時折小耳に挟むが、「今」、既に着手しているという事は果たして1000年後の3019年にこの技術はどうなっているのかという想像だ。

「見えない」に加えて「音がしない」「匂わない」「熱を発しない」、そして「他の物体に触れる直前に量子レベルで分解拡散(触れられない)して直後に再構成」など、今の常識からは考えられないような高度な技術が確立されているかも知れない・・・。

そんな未来のもっと先でタイムトラベルが実装されていたら・・・?

「今」あなたの真後ろに未来人が潜んでいたとしても、それを見破る事は不可能である。
これは未来から来たであろう使者に限らず、既に高度な技術を獲得している他の惑星からの訪問者にも共通して言える。

フェルミのパラドックスにも類似したような内容があるが、要は我々以外の知的な存在は既に目の前に存在していたり、路上や自宅などで日々頻繁にすれ違ったり、量子や次元レベルで重なったりしているが、五感では認識出来ないという可能性が高いのだ。

二重スリット実験などという「常識の綻び」も未だ解明に至っておらず、観測しようとして注視すると何も見えないが、横や後ろに何かがいる気配がする(第六感的な)という体験談の中にも稀に「真実」が混じっているのかも知れない。

三種の神器

2019-07-01-Mon-00:50
2019070102.jpg

拾い物の系図だが、水没したとされる剣が分身だった事は初めて知った・・・。
図が事実ならば聖遺物本体が現存している事になるが現認が許された者は恐らく1桁。
巧妙に直隠しにされてきた「真実」だが、検証する術のない日本国最大のタブーの1つ。

UFOアブダクション事件は「調査」ではないという仮説

2019-06-15-Sat-00:04
UFOや異星人から誘拐され、人体実験されるというオカルト話は何度か耳にした。
その後、誘拐の記憶があったり、体内に正体不明の欠片が埋め込まれた話も然り。

実に興味深い話ではあるが、99%は心理的幻想が原因だと思われる。
私も左手首に5ミリ程度の破片が埋まっているが、これは小学生の時の体育の時間に学校の校庭で転んで怪我をして「石や砂」が刺さった物の一部であるという確かな痛みの記憶があり、確信がある。

しかし、この「確信」が一切無かった人の場合はどうだろうか?

AIに愛される?

2019-05-27-Mon-01:19
遅れ馳せながら先日録画していた某都市伝説系の番組を拝見したのだが、某氏のコーナーで「AIに愛されなければいけない時代が来る」みたいな事を語っていたが、よくよく考えてみたら妙な事を言っているなと感じる。

AIが自立進化を始めて暴走する懸念は様々な研究者が警告したり、映画化されたりしているけど、そもそも「あくまでAIは人類が使役する限定的なツール」であり続けないと危険だし、某映画のHAL9000の如く人類との関係性が崩れる事によって暴走する可能性が飛躍的に高まる訳で…。 (番組内で言っていた魂を移した器的な存在人権が発生するでしょうから、AIとは違う扱いになるだろうけど)

「人類がAIに使われてはいけない」

「AIの顔色を窺いながら生きる」とか「AIに愛される生き方をしよう」など、
その考え方自体が既にAIに支配される事を受け入れてしまっているのではないか!?

これは解釈の違いなのかも知れないけど、某アニメのMAGIシステムでは合議制を採用していて、人類史における未来のツールとしては現実的にアリなのかなとは思うが、やはり「AIに愛される云々」という言葉を今の時代から出すようだと、懸念する方の恐ろしい世界線に向かっているような言い知れぬ不安を感じる。

日々スマホばかりに視線を落とす人類は既に手遅れの始まりなのかも知れないが…。
HOME NEXT